「家紋」の知識

苗字よりもともと使っていた家紋はある程度わかります。

「家系解明報告書」抜粋

玉置氏のなかには江戸時代、徳川将軍家に仕えて旗本となった家もありました。この家も和歌山県出身といい、桓武平氏の子孫という伝承を持っています。家紋は「州浜」を用いています。「州浜」は全国の玉置家が最もよく使う家紋です。

家紋は実は家系調査には非常に重要な場合があります。

例えば、苗字よりご先祖様の発祥の地が数か所に絞られた場合。

最後は家紋を使ってすり合わせ特定していきます。


「苗字(名字)」「系図」の知識

「人名」の知識

「家紋」の知識

「調査能力」

「歴史」「地理・地名」「旧民法」「民俗学」「歴史人口学」

「同業者様に負けているな」と思うところ