★家系図作成専門 行政書士渡辺宗貴事務所が運営する家系図作成代行センター株式会社

家系図の表装について詳しく

■本表装(手表装)と機械表装

表装には大きく分けて、本表装(手表装)と機械表装があります。

簡単に言うと

本表装・・・・昔ながらの、職人(表具師)の手による手作りでの表装。

機械表装・・・のりを使わない最新の技術を使った機械での表装。

【で?どっちが良いの?】

それでは、機械表装と本表装を比べていきますが、その前に

・機械表装を利用する表装店の店主さんのお話

「ウチは庶民のための掛軸(巻物)屋さんなんだ。見た目には変わらないし十分に品質は良いから、わざわざ本表装にしてお金をかけなくても、手ごろな価格で楽しんでもらいたい。ウチも本表装はできるよ。でも今はね、機械表装の技術が大変進歩して、昔よりも気軽に掛軸が楽しめるようになっているんだ。私は、『そんなにお金をかけなくても良いから、 気軽に楽しんで欲しい』と、なるべく安く仕上げられるものをお勧めしているよ。」

・本表装をしてくれる表具屋の店主(表具師)さんのお話

「例えばね、家を新築した若い人が床の間に、掛軸でも飾ろうかとうちに来る。そうすると相場を知らない人は、ウチの掛軸の値段を聞いてびっくりするんだ。最低でも 5~6万円から、何十万まであるからね。材料によっては100万円を越えるよ。そういう時は、デパートに行けば 1~2万で掛軸が売ってるから、そういうのにすると良いよって勧めるんだ。それは(安いからといって)全然恥ずかしいことじゃないから。ただね、ウチには、ずっと昔から家に伝わる掛軸を仕立て直しに来る人がいっぱいいる。そういうものにはご先祖様の魂が宿っているから。そういう風に、代々伝えていくものを本当に大事にしたい人も たくさんいるんだ。本当にいいものが欲しかったらウチに頼みなさい。機械表装が悪いってわけじゃないよ。ただ、機械表装と本表装はまったく別のものだから。 そこがね、なかなか伝わらないんだよね。」

・上記とは別の、本表装をしてくれる表具屋の店主(表具師)さんのお話

「ウチもね。電話とかで「いくらですか?」って聞かれて、値段を言うとびっくりされるんだ。で、それっきり電話も来ないの(笑)でもしょうがないんだわ。うちらの手間隙はね、なんぼか安くできるよ。でもね、本当にいい材料使うと、 その材料費だけでたいそうなもんなんだわ。例えばこのシケという裂地。すごい高いよこれ。 ちょっとほつれてるでしょ。これがまたいいんだわ。でもね、これで仕上げたら後から「ほつれてるよ」って言われちゃうことがあるのさ(笑) なっかなか良さが伝わらなくてね~。ウチにもね、「機械表装扱わないか」って営業が良く来てね・・・この(機械表装メーカーの)パンフレット見てみな。ほら、 今はこんな工場で作っちゃうんだねぇ。インターネット見たら機械表装の店いっぱいあるでしょ。1万とか2万とか・・・。いやいや、値段じゃかなわんから仕事減っちゃってねぇ(笑)」

で、どっちが良いかというお話。

機械表装・・・「そんなにお金をかけなくても良いから、気軽に楽しんで欲しい」

本表装・・・・・「本当にいいものが欲しかったらウチに頼むと良いよ」

・・・どっちが、良い悪いじゃないですね。

どっちも正しいですね。

ただ、本表装に関しては

「機械表装と本表装はまったく別のものだから。そこがなかなか伝わらないんだよね。」

「なっかなか良さが伝わらなくてね~。」

なかなか本当の良さが伝わらないようです。

では、これからなかなか伝わりにくい本表装の良さも伝えつつ、機械表装と本表装について説明していきます。

・・・が、私渡辺は、この仕事を始めるまで全く表装について知りませんでした。

幸いにも今、表具表装店、書道店の店主様や表具師様とお付き合いをさせてだいて、少しずつ表装についての知識を蓄えているところです(無知のくせに興味津々なので、皆さん子供に教えるように親切に教えてくれます。お忙しい中いつもご迷惑をおかけしています)。

ですから、あいまいな知識で誤ったことを伝えないように、なるべく聞いた話を正確に受け売りするようにいたします。

あと、個人的には機械表装と本表装のどっちがいいと思っているかですが。

正直なところ悩んでしまいます。

実際にはサンプルを兼ねてどっちも持っているんですが、もし自分がお客さんだったらどっちを買っていたかなぁ???・・・悩んでしまいます。

私自身があいまいな状態なので、これからの記載もあいまいになってしまう部分もあるかと思います。すいませんがご了承下さい。

では、比べていきます。

よろしければ下記「お問い合わせ」フォームをご利用ください

家系図作成相談お客様窓口