★家系図作成専門 行政書士渡辺宗貴事務所が運営する家系図作成代行センター株式会社

本表装と機械表装(3)

【価格も含めて品質を検証】

価格も含めてちょっと具体的にお話します。

・本表装の価格について

最低でも5万円以上(仕立てのみ。)がある程度の基準で、後は材質によって天井知らずです。

本表装普通品

本表装高級品

軸先は両者とも同じ、黒檀という木製の軸先を使っています。

例えば、これをより高価な水晶や象牙にすればその分価格が上がります。

裂地にもまだまだ高価なものがあります。

本表装の価格の上限は天井知らずです。

要するに表具師さんが、お客様に自信を持ってお出しできる材質の中で、どれを選ぶかによって価格が上下するだけです。

・機械表装の価格について

機械表装は安ければ1万円台からあります。

一番多い価格帯が価格が2~4万円くらい。

どんなに高くても10万円は越えないようです。

裂地にもいろいろな種類が用意され、各機械表装のメーカ独自に裂地に名前をつけている場合もあります。

例えば絹の裂地と一口に言っても、天然素材だったり、化学繊維が合成されていたり様々です。

私も全ての機械表装メーカーの品質を把握しているわけではないので、明確に断言できないのですが、大まかにお伝えします。

あまり安すぎるものは避けたほうが良いかもしれません。

多少ですがいろいろな価格の機械表装をみた感覚から最低でも3万円以上(仕立てのみ。)くらいのものを選んだ方が、後々の保存まで考えると無難でいいように思います。

機械表装の相場からすると平均的な価格かやや高めなのですが、お付き合いのある書道店の店長さんが、「家系図みたいに大事なものを表装するならこのくらいのランクのが良いよ」と、勧めてくれるのが5万円前後の表装です。

裂地も柔らかなものが選ばれていて長期保存に向く丈夫な仕上がりになります。

なんか、品質とか材質と価格とかふさわしくないものができるとか・・・ちょっと重たい話になってしまいましたね。

本来、表装の話はワクワクする楽しい話です。

ちょっと楽しい話をはさみましょうか。

よろしければ下記「お問い合わせ」フォームをご利用ください

家系図作成相談お客様窓口