★家系図作成専門 行政書士渡辺宗貴事務所が運営する家系図作成代行センター株式会社

家系図の筆耕について詳しく

では、家系図の筆耕について。

筆耕する場合は、記載範囲が物理的に制限されるので、まずは記載範囲を決めます。

■完成までの流れ

1、記載範囲を決める

  ※人物の記載範囲

  ※生年没年などの情報の記載範囲

2、鉛筆での下書き

3、毛筆で筆耕

4、下書きの線を消しゴムで消す

5、桐箱への名入れ

基本的に家系図をどう書くかはご自由なのですが、家系図作成代行センターの筆耕を例にお話します。

【記載範囲について】

まずは記載範囲を決めます。

父方一系統の筆耕を例にします。

記載範囲には2種類あり

・一つは人物の記載範囲

・もう一つは、人物の情報の記載範囲

です。

・人物の記載範囲

人物の記載範囲

・人物の情報の記載範囲

次に、記載される人物の情報についてです。

戸籍から読み取れる情報には、生年没年・本籍地・婚姻年月日などなどがありますが、 あまりに多くの情報を記載すると、お経のように文字だらけになってしまい見た目のバランスが 悪くなってしまいます。

人物の下に生年没年を記載するにとどめるのがいいと思います。

生年没年を入れると、ご先祖様がどの時代に生きたのかがわかり、また、見た目にも非常に美しくなります。

生年没年も、記載された人物全てに入れると、文字だらけになり見た目が悪くなるので、直系に当たる方のみに入れるのが最も美しく仕上がります。

人物の情報の記載範囲

よろしければ下記「お問い合わせ」フォームをご利用ください

家系図作成相談お客様窓口