★家系図作成専門 行政書士渡辺宗貴事務所が運営する家系図作成代行センター株式会社

本表装と機械表装の違い

※家系図作成代行センター(株)の巻物はすべて本表装(手表装)です。

見た目には、機械表装と本表装にほとんど差はありません。

本表装と機械表装1

本表装と機械表装2

どっちが機械表装で、どっちが本表装かわかるでしょうか?

上が本表装ですが、実物を見てもほとんど違いはありません。

むしろ機械表装のほうが、綺麗に見えるかもしれません。

表装に付いて予備知識の無い方に、機械表装と本表装を見せると、多くの方が「機械表装のほうが綺麗」と答えるデータがあります。

実物の折り目などを良く見ると、本表装のほうに若干ですが手作り感があります。

本表装(手表装)

本表装アップ

   

機械表装

機械表装アップ

※私(渡辺宗貴)の素人目から見た感想ですが、本表装には機械表装には無いぬくもりがあるように思います。

本表装(手表装)は表具師さんが手作りで仕上げます。

機械表装はその名の通り機械で仕上げます。

いろいろと違いはあるのですが、一番違うのが、仕立て直しができるかどうか?というところです。

仕立て直しとは、すなわち、いつの日か、自分の子孫…お子様・お孫様・ひ孫様・玄孫様の代になって、家系図を書き足していく場合。

本紙に新たな紙を継ぎ足していくわけですが、

本表装(手表装)…半永久的に代々伝えていく

本表装は仕立て直し可。

水に溶ける糊を使った、表具師さんの手による昔ながらの作成方法なので、本紙を剥がして仕立て直すことができます。

本表装(手表装)の家系図

本表装(手表装)の家系図<

ご自分の代で作った家系図を、代々伝えていきたい場合。代々子孫が家系図に、名前を書き加えていけるようにしたい場合は、本表装で仕立てるといいです。

※特に巻物は、本来保存が用途なので、いくらでも紙を継ぎ足していけます。

※掛軸は保存より、作品を装飾し飾ることが用途です。紙を継ぎ足していくといつの日か長すぎて飾れなくなってしまいます。

機械表装

機械表装は仕立て直しほぼ不可です。

糊を使わず薬品や熱プレスを使って科学的に作成しているので、剥がして仕立て直すことはできません。

仕立て直しを考慮して裏打ちのみ糊を使うなどの工夫をなされている場合もありますが、実際には裏打ちのみに糊を使っても何十年後に本当にきれいに剥がして仕立て直しができるかは疑問だそうです。

※家系図作成代行センター(株)の巻物はすべて本表装(手表装)です。


「巻物(掛軸)家系図」補足

本表装と機械表装の違い

本表装と機械表装の全体的な品質について

軸先の材質の選び方

本表装の価格について

家系図作成代行センターの手書き筆耕は日本一・・・と思う

巻物にする場合の筆耕スタイル(家系図の形)の違い

改善したいところ

表装(巻物掛軸への仕立て)は信頼できる業者様に外注

よろしければ下記「お問い合わせ」フォームをご利用ください

無料!「家系図作成ガイドブック」進呈

無料!「家系図作成ガイドブック」進呈

家系図に関してご関心おありの方に「家系図作成ガイドブック」を無料で差し上げております。

戸籍調査の基礎知識から1000年前までたどる戸籍以上の調査についてまで記載しております。

メール一通で簡単に請求できます。

無料配布期間は未定です。

予告なく終了する場合がありますのでお早めにご請求ください。

無料!「家系図作成ガイドブック」進呈はこちらから!

「家系図作成業務案内パンフレット」を無料でお送りしております

 詳しい家系図作成業務案内パンフレットをお送りいたします。

 もちろん無料です


家系図作成相談お客様窓口