★家系図作成専門 行政書士渡辺宗貴事務所が運営する家系図作成代行センター株式会社

「人名」の知識

人名から暮らしぶりが読み解けることもあります。

例えばお侍さん(士族)にはお侍さんの名前というものがあります。

また「地理・地名」の知識と絡めれば「人名」「苗字」「本籍地」より士族だったのかどうかわかるケースもあります

またお侍さんであれば、実名と諱(いみな。あるいは通称)という2つの名前を持っていました。

どちらの名前で戸籍に登録しているかによりお侍さん時代の位がある程度分かることもあります。

他にも「僧侶」が付ける名前「神主」が付ける名前、「商人」が付ける名前というのもある程度推測できます。

興味深いケースでは、

・子供の名に「鉄」とか「銀」とかいう文字が入っている。
・住んでいた地は古くから備前長船などで有名な刀鍛冶の里。

おそらく刀鍛冶の職人さんだったのではないでしょうか?。

また、子供の名が「晴彦」「晴海」。女の子にもみんな漢字の名前。

・住んでた地は中心部から外れた農地。住民の職業は農家。士族はいない。
・この時代に士族以外で「晴海」「晴彦」というしゃれた名は考えにくい。

おそらく神主さんではないでしょうか?

まず「晴海」という名は神主にあり得る名です。

また「晴彦」の「彦」。古代神話の時代に使われていた「日子」という文字を連想させます。そして女の子にも全て漢字で名前をつけています。古代は女性の名も漢字でした。

日頃「古事記」等の文書に触れる機会の多かった神主さんが思いつく名前ではと想像されます。

農業を営んでいたであろうご先祖様についても人名より読み解けることもあります。

「家系解明報告書」抜粋

長男の荘吉にも父祖ゆかりの「荘」文字が使われています。先祖代々、同じ一文字を名前に使い続ける習慣を「通し字」といい、足利家の「義」や織田家の「信」など武士の世界では広く行われていました。これにより当家も武士と同じくらい家に強い誇りを持っていたことが分かります。

特定しきれないケースもあります。

・住んでいた地より士族の可能性あり。
・名前は「彦次」。

「彦次」が「ひこつぐ」と読むのであればほぼ間違いなく士族、「ひこじ」と読むのであれば士族ではない。

戸籍には人名の読み方は記載されていないので今後の調査課題なります。


「苗字(名字)」「系図」の知識

「人名」の知識

「家紋」の知識

「調査能力」

「歴史」「地理・地名」「旧民法」「民俗学」「歴史人口学」

「同業者様に負けているな」と思うところ

よろしければ下記「お問い合わせ」フォームをご利用ください

無料!「家系図作成ガイドブック」進呈

無料!「家系図作成ガイドブック」進呈

家系図に関してご関心おありの方に「家系図作成ガイドブック」を無料で差し上げております。

戸籍調査の基礎知識から1000年前までたどる戸籍以上の調査についてまで記載しております。

メール一通で簡単に請求できます。

無料配布期間は未定です。

予告なく終了する場合がありますのでお早めにご請求ください。

無料!「家系図作成ガイドブック」進呈はこちらから!

「家系図作成業務案内パンフレット」を無料でお送りしております

 詳しい家系図作成業務案内パンフレットをお送りいたします。

 もちろん無料です


家系図作成相談お客様窓口