戸籍調査は必須

時間軸を下の図に置き換えて家系調査の全体像をお伝えいたします。

① 戸籍調査は必須

江戸末期〜明治初期まで、150〜200年前までは戸籍調査でわかります。

江戸末期〜明治初期まで、150〜200年前までは戸籍調査でわかります。

平均して4〜5代上のご先祖様までわかります。

戸籍調査で一古い戸籍まで取得できていれば、江戸末期から明治初期のご先祖様の本籍地(=住所)を村単位までほぼ確定出来ます。

その時代のご先祖様のお名前もわかります。

実は戸籍調査で一番重要なのは何代さかのぼれたかではありません。

ご先祖様が「お住まいだった地」と「お名前」を知ることです。

江戸末期から明治初期にご先祖様が「お住まいだった地」と「お名前」がわかっていれば戸籍以上の調査方針が立てられます。


200〜1000年たどる「戸籍以上の調査」とは?

戸籍調査は必須

過去帳・墓石・武士の系図(江戸時代の家系調査)

戸籍調査の結果と江戸末期の資料のすり合わせ(江戸時代の調査の問題点)

1000年以上前の天皇家の時代から下って来る調査

200〜250年はほぼ空白ほとんど資料がない(戦国時代の記録は少ない)

本当に中世・古代の家系の流れと自分の家がつながるの?

中世・古代の家系の流れと自分の家をつなげる根拠はどうやって探すの?